クローバーフィールド HAKAISHA(CLOVERFIELD HAKAISHA)観てきた

CINEMA

クローバーフィールド

アメリカで公開された時から観たいなぁと思っていたのでさっそく行ってきました。いや、前評判や想像以上によく出来てた映画。時間が短い理由も含めて楽しめる映画だと思う。

クローバーフィールド HAKAISHA 公式サイト

ストーリー詳細書くとネタバレしちゃうので書きませんけど、「何か」がマンハッタンを襲い、過去の如何なるNY市長でも成し得なかったようなガラガラポンを敢行。ロスの大暴動や9.11テロ等、J.J.エイブラムスの世代(私は違うが・・・)の人なら見た事がある事件の映像を思い出すようなシーン構成も織り交ぜられていたり、逃げ惑う人々の反応が妙にリアルだったり(自由の女神の頭を見てすかさず写メを撮るとかね)で、この映画がどこに視点を置いて撮っているか?が終始一貫しててた。

めざましテレビではJ.J.エイブラムスが日本に来たときに怪獣フィギュアとかがまだ人気があるのを見て、この映画の企画を思いついたとか言っていた。その通りで、これは1998年に公開された”GODZILLA”のアナザーストーリー、スピンオフ映画みたいなものだと思う。

“GODZILLA2008″。
そういう意味では素材はずーっと前から日本にあったんだから日本の特撮マニアは先を越されて悔しくてたまらないのではないか?と思う。確かにやつが現れると地上ではこういう事が起きていたわけです。

GODZILLA – Wikipedia

この映画が公開されるに色々仕込み映像まで作られていたのがすてき。1月にその話を聞いてこの辺りがブレアウィッチ風なんだろうなぁと感じた。

とか

もしこの映画が世界的に見て興行面で失敗しているとしたら、公開を世界同時に出来なかった事が最大の原因だろうと思う。「何か」の情報とか知りたい人は1月にネットで知ってしまう。でもこの映画の面白いところはその「何か」が現れた事じゃないってとこがよく出来てたところだなと思った。

プロフィール
書いた人
野崎 秀吾

Content Syncretist(コンテンツシンクレティスト)
✨ コーヒーとクラフトビールの愛好家で、在宅勤務を楽しむジェネレーションアルファ世代の父。Bromptonでのサイクリングをこよなく愛する。

最近のプロジェクト:
AIを活用して、架空のファッション雑誌風写真集を出版。デジタルアートの新境地を探求。
1999年から続く私のウェブサイトは、私の長年のライフワークであり、成長と学びの旅の記録です。未熟なコンテンツもありますが、それもすべてが私の経験の一部。SNSで私を見かけたら、ぜひお声掛けください。AIとクリエイティビティ、音楽制作の裏側、あるいは日常のことなど、皆さんとの交流を楽しみにしています。

良かったらフォローしてくださいませ。
CINEMA
役に立ったらシェアしてね
良かったらフォローしてくださいませ。
[NOZAKI.COM] edge of the future

コメント

  1. turbo10 より:

    見ましたよー。
    私もとてもおもしろいと思いました。>映像に酔ったけどw。

    本国では、かなり練りこまれたバイラルプロモーションが展開されたみたいですが、
    ご指摘のとおり、日本は公開日ががっつり遅れました。
    エイブラムスサイドが用意した物語に乗り遅れた形での公開。
    非常に残念です。

  2. Webmaster より:

    turbo10さん

    どもです。
    日本独自だと「クローバーフィールド KISHIN」と言うのがありますね。
    http://www.kadokawa.co.jp/tachiyomi/comic/cloverfield/

    この漫画の中にも出てくるタグルアト社。果たして怪物誕生とエヴァっぽいストーリーの漫画がどうオチがつくのか?

    http://www.tagruato.jp/

    かなりがんばってる感があります。

  3. [映画]ファンタスティック プラネット(監督ルネ ラルー) より:

    […] クローバーフィールド HAKAISHA(CLOVERFIELD HAKAISHA)観てきた […]

  4. [映画]ファンタスティック プラネット(監督ルネ ラルー) -edge of the future- | -edge of the future- より:

    […] クローバーフィールド HAKAISHA(CLOVERFIELD HAKAISHA)観てきた | -edge of the future- […]

タイトルとURLをコピーしました