アイボ

初めて新型に遭遇。

旧世代のaiboを体験してるのがいけないのかもしれないが、そこはかとない「コレジャナイ」感。

ずっと応援してます、もちろん。