動画系ブログでウケてるロングテールなキーワードたち(2014-1Q)

昨年の夏にGoProを買ってから、勉強もかねて見た動画で記憶に残っているものを記録していく動画系のブログも省力運営しているのですが、今回はそちらのアクセスログからのネタになります。

動画系ブログキーワード/キーフレーズ トップ3
このサイトもそうですが、省力運営の単なるログなのでPV向上的な事は全くやってない事もあり、検索サイト経由でのアクセスがほぼ100%と言っていい感じです。

そうなると、いわゆるロングテールな検索ワード達が拾えるようになるのですが、自分の関心と世間の動向と言うのが時間差でかぶることがあります。

動画系に特化したブログの方でもそういう傾向がようやく出てきたので、PVベースで見た「トップ3」と、それらに関係するキーワード、キーフレーズを書き出してみます。

1つめ
なぜだか一番PVが集まり始めたのはこの記事。

http://annex.nozaki.com/2014/02/post-195/

マネーの虎 大食いラーメン店開店 なんでんかんでん川原社長ブチ切れ と その後 | Annex

マネーの虎 関連キーフレーズ群

上位はこんな感じです。

  1. マネーの虎 大食いラーメン店開店 その後
  2. マネーの虎 大食いラーメン店開店
  3. マネーの虎 デブ ラーメン
  4. マネーの虎ラーメン
  5. 大食いラーメン店 マネーの寅

ん?「寅」は違うだろ・・・orz

なぜだかごく一部だろうけど”マネーの虎”がここに来てブームになりつつある模様。
(すんごい盛り上がっていた頃に比べるとだいぶ時間差ありますが)

なかには「マネーの虎 デブ」とかのキーワードでアクセスしてくるケースもあり、つくづく人の記憶ってその程度なんだな、と思う今日この頃です。
僕がこの回で好きなのは「なんでんかんでん」の味をdisられた後の川原社長が発する

うまいよ!

のところです。ここくだりだけ何度もループ再生したい。

ちなみにマネーの虎はあと2本書いてみたのですが、吉田栄作が入ったキーフレーズだと下記のものがじわじわPVがあがっているようです。

http://annex.nozaki.com/2014/03/post-330/

マネーの虎 宝塚のような日本を変えるタレント事務所を作りたい(吉田栄作が激怒) | Annex

まだアップしてないけど記憶に残っている回は「謙虚ライオン」が登場したうどんの時ですね。2014年の感性で「マネーの虎」を見返す鑑賞会とかやってみたいなぁ・・・。だいぶ違う結論が出ると思うんだけど(誰か一緒にやりません??)。

あと、この手の作品はやっぱりニコ動で見た方が面白いのですが、YouTubeはどうやってあの”同時視聴感がある体験”をUIに持ち込むんでしょうね。

2つめ

GoPro関連です。
もともと自分がカメラを買ったから撮り方とかの勉強をしようと思って見始めたわけなので当然と言えば当然なのですが、アクセスが多いのはそういう動画達ではなく”Steadicam Curve”と言うアクセサリーについて書いた方の記事にアクセスが集まってます。

http://annex.nozaki.com/2014/01/go-pro-steadicam-curve/

これで手ぶれ映像とおさらば?#GoPro 専用 Steadicam Curve を購入 | Annex

GoPro 関連キーフレーズ群

  1. steadicam curve
  2. gopro ステディカム
  3. go pro 動画編集
  4. gopro hero3+ 手ぶれ
  5. gopro 手ぶれ
  6. gopro ハイスピード
  7. ゴープロ 手ぶれ

SteadiCam Curveについて書いた記事なんて、本来のアクションカメラの使い方からするとウケないと思っていたのですが、意外と手ぶれが気になる人がいるんですかね。

そもそもGoProはアクションカメラと言うカテゴリーなので、アウトドアのハードな環境での動画撮影方法やそうやって撮影された映像を期待する人が多いです。ただ僕が魅力に感じているのはあの小型さと広角なレンズだったりします。事実、見知らぬ人にはほぼ名指しでアクション系じゃないって事で”ぬるい”動画と指摘されたようですが、別にどう使ってもいいでしょ。

ハイスピード撮影のキーワードがヒットするのはこっちの記事です。

http://annex.nozaki.com/2014/02/highspeed-gopro-slowmotion/

駅ホームでハイスピード撮影した”あの”動画っぽいやつをGo Proでやってみた | Annex

裏話的で恐縮ですが、後半のアメ横で歩いている方の動画、ホントは違う被写体を追っかけていたので撮り方が違うんです・・・。ほとんどカットしたのでちょこっとしか映っていませんが、すれ違う人の50%(目測)が振り返る”ズゴック”的な女子がのしのし(もとい、どしんどしん)歩いていたので、「よし!これで特撮動画を撮ろう!」と思いカメラを回したものの、後で見たらいまいちな出来映えでボツになり、ハイスピード系動画として日の目を見たものです。

3つめ

はい。佐村河内さん関連です。

2014年において大阪市長選挙より盛り上がって報道されていたのが”佐村河内代作問題”(”佐村河内代作”だけで人名みたいだ)です。自分的には取り上げる気分にならなかったのですが、研究成果だけでなく論文自体も異次元の展開を見せる”STAP細胞”も盛り上がっておるようですが、今日時点ではっきり言える事は、これら3つに共通するのは”どれも結論が出ていない=現在進行形”と言う事です。

つまりは瞬間最大風速としての盛り上がりだけではなく、その後も振り返りで何度も検索されるタイプのものになるのだろうと思います(大阪市長選は微妙すぎるが)。

それはさておき。

SAMとNEE 関連キーフレーズ群

  1. 佐村河内守 佐村ゴッチ
  2. 能町みね子 sam
  3. 能町みね子 sam nee
  4. 佐村河内守 ニコニコ動画
  5. 佐村河内 守 sam

対象エントリーはこちらですね。

http://annex.nozaki.com/2014/03/samuragouchi-mamoru-4/

代作問題で渦中の佐村河内守さん関連の動画達 | Annex

すごくめんどくさかったのは、この記事の前にアップした記者会見模様をぜんぶ集めたエントリーなのですが、そちらは全くと言っていいほどアクセス数がございません。やっぱり3分割なんてまとまってないじゃん、NAVERで十分だよって事ですね。

このキーフレーズ群で特徴的な事は対象となるはずの”佐村河内守”よりも目立っている”能町みね子”さんの方です。やっぱりSAMだとtrfのSAMさんには勝てないって事か。

SAM with M.Noumachi

でプロデュースしたらtrfと戦えるんですかね・・・。

キーフレーズ上も薄めな扱いになっているNEEはこちらになります。


こっちの画の方がインパクトあるんだけど・・・。

能町さんと言えば、まずはこちらでヒーローヒロインになられた方です。

先日、たまたま久保みねヒャダ こじらせナイト初のイベントを観覧させていただき、ご本人を生で見ることが出来ました。
その回の予告編動画がまだ残っておりましたので貼っておきます。

えー・・・、話が完全に逸れましたが、SAM & NEE 問題は先日の記者会見前後がピークでしょうから、今後はこのギャップをどのようにパクって作品にするか?が2014年2Q以降のトレンドになるでしょう。

以上、まだ終わってないけど2014年(1Q)の動画系ブログ(のロングテールな)キーワードトップ3でした。どのくらいの期間が良いのかわかりませんが、四半期単位とかで傾向が出るようなら2Q以降もやるかも知れません。