Vestax SPIN2と iPad でMIXの練習

なかなか練習する時間が無くて上達しているわけでもないのですが、地道にやってますよー、と言うお話です。

SPIN2って何ですか?と言う方はこちらをどうぞ。

何はともあれ、今回のアウトプットはこちら。

Practice-08 by Shugo.Tokyo on Mixcloud

リンクはこちら

一番大きい話はSoundcloudからMixcloudに乗り換えました。きっかけは著作権的なチェックなどが入り、Soundcloudにアップすらできない状態のMixが出来ちゃった事です。RAWデータのファイル容量だと無料版だとアップする度に前のファイルを消すことになるのも面倒だなと思って、この手のもミックス向けのサービスとしてMixcloudに乗り換えてみました。

MixcloudのサイトにTracklistも載せてありますが基本的に前回同様Beatportで買った曲ばかりです(なのでSoundcloudでも通ったはず)。つなぎ方にあれこれコメントがあると思うので個別にご連絡お待ちしてます。ちなみに20分用の練習しよーと思って始めたらこんな時間になった、とだけ先に書いておきます。なので後半2/3は即興、かつ持ってるけど使ったことがない曲のオンパレードです。練習なので。

DJ練習をやって変わった事
SPIN2を買ってから自分の習慣として変わったところもあります。
普段、かっこいいDJのミックスを聴いていても、そのTrackリストがとても気になるようになりました。更にはその中で自分の好みの曲を見つけると、欲しくなるのです。普段良く聴いているのがFuture.fmなので(初期の投資者なので、もう少しうまみがあってもいいと思うサービスなんだけど)、良いと思った曲が登録されているとBeatportで探して買うようになりました。ホント、このあたりはもう少し便利になってくれると良いとは思うのですが、スマホでコピペをするしかないので数が多いと意外と面倒です。
買おうと思う瞬間って、そのつなぎ方とかつなぐ曲のイメージがあると思うんです。少なくとも「あ、これこう使える!!」!と考えていると思うんです。なので、純粋に曲に対してかっこいいなーとかいうだけではない聴き方をするようになりました。

で、僕自身はTrackmakerな側面もいちおう残っているので、こうも思うのです。

「あー、Track作るときはキーになるフレーズだけちゃんと出来ていたら、あとはDJさん達が何とかしてくれるのかもーー」、と。

純粋に作曲家としては終わってる発想だと思うんですよ。これって。曲の頭からちゃんと聴かせたいと思うのが素直な発想じゃ無いかと思っているので。

ただ、売上という条件で考えたら、こっちの方が売れやすいと思ってしまいました。自分がそう感じたきっかけは、買った曲で使う部分が決まっている曲と言うのが出てきた時です。

”Don’t be Evil”とは良く言われるルールなのですが、今、良く買われている曲達を見ると、このルールをちゃんと押さえて良いフレーズを紡ぎ出している作品ばかりだなぁと思ってしまいました。

SPIN2と言うデバイスを買って、自分自身でMIXすると言う事がカジュアルになったおかげで、大好きな音楽をビジネスとして見た時の視点まで変わってきたのが影響なのかもなぁ、と思いました。

[rakute_item id=”ishibashi-shops:10387856″]

DJデビューします

そんなこんなはあれど、DJデビューさせていただけるイベントがあります。

http://www.otaiweb.com/event/spin2_3_10/

SPIN2 MEETING IN 三軒茶屋 -スマホでパーティやってみよう- 2014年3月10日(月曜日)  -OTAIRECORD-

こちらのイベントで21時以降にDJデビューする事になりましたーーーw。DJやる人は21時までにいけないとダメらしいのでちゃんと仕事を終わらせるのが条件ですが、三軒茶屋なら帰り道なので立ち寄りますーって人がいたら遊びに来てくださいませ。同じような初心者DJさん達のデビュー戦なのでたぶん楽しいはずです。

一人20分って言われているのでEDMな曲ばかりで踊れるようにしようとか思ってます。延長OKかどうか知らないけど来た人に延長希望って言ってもらえるように面白く出し惜しみしないようにするので、倍の時間回せたら、もっと面白い選曲しちゃえる準備だけしときます。

あと、初心者DJですが、呼んでもらえたらホームパーティーとかでも遊びに行きますよー。お酒飲ませてくれるなら。やったことがない人もお手元にiPhoneにdjayと言うアプリを入れておいて頂けると誰でも即席DJがやれますので。

SPIN2のいいところは持ち込みで行った先にあるアンプ&スピーカーにつなげばすぐにDJが出来るところなので、呼ばれたら音は出せます。今後うちのホームパーティーに呼ばれた人はそういう覚悟をしてきてくださいませ。先にかけたい曲を教えてもらったら仕込んでおきます。

Mixcloudとかにあげにくいライブラリーがあるんで、そんな感じの練習場にしてもよければ喜んで練習しに伺います(藁)

DJとしてMIXする技術は場数で決まると思うのです(なので上手くならないんだけど・・・)。それは事実で、経験と言う練習時間には今から始めても全然勝てないし、勝つ気もないです。ただ、繋ぐ曲(ネタ?)の意外性は経験だけじゃなくて感性だと思ってます。なので今から(けして若くはない人が)DJをやろうと思っている人達はその感性を大事にするべきなのでしょう。きっと。

別にこれは音楽の話だけではなくて、なんでも同じですが、本当に欲しいと思えるものを僕はこの世の中に創りたいし、残したいと言うだけです。

なので、DJ(のスキルセット)としてうまくいくとかどうとかじゃなく、テクノロジーによって求められる技術の敷居が下がる事は大歓迎ですし、それによって高みを目指す人が増える環境を作れる事が技術の正しい進化じゃないかなぁと思う今日この頃です。新しいヒーローが生まれる事を期待しています。

<2014/03/13 updated>
参加したイベントの感想文はこちらです。
VestaxのSPIN2買って2ヶ月超で初めて人前でDJした | edge of the future

コメント