韓国でプリペイド SIM を使う(for iPhone4S SIMフリー版)

※2013年時点の情報です。
仕事で韓国に行ってました。
仕事の話はさておき。

以前、韓国ではプリペイドSIMを買うことは出来なかったはずですが、どうやら最近変わったらしくプリペイドのSIMを売る会社ができた事をちょっと前に知りました。

きっかけはPalm全盛期にお世話になっていたPalm飲茶、機長のホームページ。

パーム飲茶blog » Blog Archive » ソウルのインチョン空港でプリペイドSIM購入

プリペイドSIMとして買えるのはMVNOですがKT(olleh オーレー!とサンバっぽく読むらしい)の回線が使えるEverGreen Mobileと言う会社です。

대한민국 MVNO 대표 브랜드 에버그린모바일

せっかくSIMフリーなiPhoneだし、到着後に少し時間がある日程なので今回はネタとして試そうと思って調べてみると、更に良い話が見つかりました。

korea,2013,simfree
korea,2013,simfree

韓国観光公社アプリ 「Visit Korea 2.0」キャンペーン ダウンロードして、無料通話券&SIMカードをゲット!

なんとタダでこのSIMカードが貰えるキャンペーン中(新規で買うと2000円以上する)。
そりゃアプリ入れます!速攻で。2.0って事は1.0があったんですね。
書いてある韓国観光公社のページが全て画像なのは韓国のWebサイトによくあるお約束って感じですが、SEO的観点からしてもちっとも情報が拡散されないって事にいい加減気付いて欲しいんだけど。

この情報に気付いたのが出発の3日前なのですが、登録も無事完了。
と言うか、完了メールが来なかったけど、既に登録してた模様・・・。

ここから後は現地でSIMを手に入れてiPhoneのSIMを差し替えてAPN変えて、といつも通りにあっさり行くのかと思いきや、結構手間が掛かる感じでした。

なので、そのあたりを重点的に書きますが、特に回線を認識するまでとTOP-UPの手続きは時間掛かりますし、心が折れそうになります。

受け取りから設定までの手続きはこちらのページがとても役に立ちました。

スマホを活用して釜山を歩く:タダで韓国プリペイドSIMをゲットしよう (釜山) – 旅行のクチコミサイト フォートラベル

ほぼほぼこの内容で合っていまして、中に書いてある手続きは本当に全部やらないとダメな感じでしたが、一部変更されている部分もあってAPN設定などは自動になっていたのが違いです。
この時点でのiPhone4Sの環境はiOS 6.1.2です。

1.SIMを入手するまで
まずはSIMカード入手。
受け取りの場所に行くとパスポートを見せろと言われますので、大人しく提出してください。
登録パスポート番号がEG MobileのリストにあればSIMを渡してくれます。
ちなみにVisit Koreaアプリをインストールしているか確認はされませんが、店員さんに先に見せた方が話は早いようです。
登録データで確認が取れると、普通サイズのSIMとマイクロSIMのどっちが欲しいか聞かれますので、必要なサイズを伝えれば、さくっとSIMカードを渡してもらえます。
iPhone4、iPhone4Sで使うならマイクロSIMです。

EG Mobile 外箱

入手しさケースの中身はこんな感じで結構簡素で、裏に電話番号が書かれています。

マイクロSIMをもらいました
マイクロSIMをもらいました

この時に注意することですが、まだモバイルデータ通信は使わないようにしておく必要があります。
回線切り替えた後でデータ通信のパックを入れないとあっという間にチャージしてあるお金が無くなりますので、パック購入後にONにします。

と言うわけでその準備のために、次は空港内のGS25と言うコンビニに行って、SIMの箱を見せながら「TOP-UPしたい」と伝えてください。今回のキャンペーンで2000ウォンが付いているので10000ウォン位追加すれば500MBのパックが買えますが、お好みで。

まだこのSIMのチャージについては想像以上に認知度が低いようで、コンビニの女性店員さん達も困惑ぶりは大変素晴らしく、しばらくすると店長らしき人が登場します(お笑いのネタかと思った)。言い換えるなら店長が出てくるまで言葉の通じない外国人のふりをして、ひたすら待つ(そういうのが普通に出来る性格じゃ無い人にはこの方法は向かないかも)。

僕は10000ウォンだけ追加しました。購入するとレシートをもらえ、その中に後で電話する番号とチャージに必要なコードが書いてあります。韓国の携帯電話番号は日本と同じ桁数なので見ればわかります。

データパックの価格は以下になります。(2013年3月9日時点)
100MB=5500ウォン
500MB=11000ウォン
1GB =16500ウォン

SIM交換前の事前準備は以上です。

2.SIM交換手続き
いよいよがここからが本番です。
いつもどおり(?)ピンでiPhoneのSIMカードを取り出して交換、なのですが、なかなか楽しめます。

まずなかなか電波を拾えません。人によるようですが結果から言うと僕は10回くらい再起動しました。
回線が認識してくれないとそもそもTOP-UPの電話も出来ないじゃん、とか思ったので待ちましたがだいたい20分位は全く電波が取れない無い状態が続きました。SIMに付属の説明書によるとネットワークのリセットをすると良いようですが、それやっちゃうと設定したWiFiとかの設定も飛んじゃうのでよくよく考えてやった方がいいです。僕はやらなくても認識しました。
iPhoneの問題なのかわかりませんが、バックグラウンドで韓国側のNWリストでも取り込んでいるんですかね(既に中に入ってると思うんだけどMVNOだと回線認証とかが違うのかな?)。とにかく待つしか無いです。

繰り返しますが、回線が繋がったと喜んでデータ通信はまだONにしないように。
次はGS25で買ったレシートにある電話番号に電話してTOP-UPします。
これはレシートに書かれている電話番号に電話し、英語を選択すればナビゲーションしてくれますので、コードを入れるだけです。チャージが終わるとSMSで残高が増えた旨メッセージが飛んできます。

ここで喜んでデータ通信はONにしないように(ry)。
最後の難関のデータパックの購入です。
スマホ向けに売っているSIMなのに、定額データパックはわざわざ電話して買わないと行けないのがなんとも面倒。

まず、02-2122-3444に電話。
韓国語であれこれ言って来ますが迷わず「2」を押すと英語が通じるオペレーター(人間)に繋がりますので、データパックが買いたいと伝えます。必要なデータ量を伝えると、SIMに割り付けられた電話番号を聞かれますので、SIMの箱に書いてある電話番号を伝えます。
5分後に適用になる、と言われるので、電話を切ります。
するとチャージが5000ウォン以下になった旨SMSが届きますので、無事に課金された事がわかると思います。
あとは近くでコーヒーでも飲んで5分待った後、ようやくデータ通信をONにします。
(なんで韓国ってあんなにカフェがいっぱいあるんでしょうね?)

これで、無事にSIM入れ替え完了。お疲れ様でした。

3.使い勝手
APNは自動でKTに設定されるので自分で設定する必要は無い模様。

回線が使えるようになった時のモバイルデータ通信画面
回線が使えるようになった時のモバイルデータ通信画面

キャプ画をご覧いただくとわかると思いますが、テザリングもOKです。
あと、KTのWiFiが自動で繋がるようになります。まぁ日本と同じく速度は遅いのですが、少しは使うデータ量を削減出来るのでオフロード先としては良いのではないでしょうか。WiFiは駅や人の集まるところだと結構設置されています。

現地の人に聞くと、韓国でもLTEスマホがだいぶ普及してきたらしく、3Gの回線スピードはそこそこあると思いました。キャプ画を撮り忘れましたが、速度面でそんなに不満は無いですし、エリアについても圏外になる事も今回使っている限りは無く、地下鉄内からビル内、どこでも快適に使えました。
仕事用にWiMax(韓国ではWiBroと言います)ルーターは借りていましたが、食事で外出する時にいちいちルーターを携帯するのは面倒ですし、かといって日本の通信会社の高額な海外パケ放題プランを使う必要も無く、普段と変わらず使えるのはとても便利です。

4.所感
とはいえ、これまで書いたような手間をわざわざかけてまで使う価値があるのか?と聞かれると、正直言って物好きな方向けなのは相変わらずの事実で、万人にはおすすめしません。そもそも日本のiPhoneユーザーでSIMロック外してる人は少数派でしょうから使えないです。(普通の人は海外Wifiとか使うと思います。)
それと自分への備忘録ですが、外した日本のSIMを指しておくスマホは持っていった方が電話だけは受けられますのでお忘れなく(実はGalaxyNote2はもう普段は使ってないので置いてきてしまった)。あと、こっちの電話のデータ通信、ローミングを切っておくのはお約束です。

最後に今回の発端でもあるそもそものVisit Koreaのアプリですが、見た目は綺麗だけど使い勝手含めUXとしては実に残念な作りでして、結局GoogleMapが一番使えると思います。観光専用アプリなんだからもうその場で欲しい情報をサクッと出して欲しいのですが、いかにも観光ガイドの発想をそのままアプリにしちゃったダメなパターンですし、現在地の近くのお店が出てきても大した選択肢の提示までは至ってない感じ。いつリリースされるのかわからない次のバージョンの3.0に期待って事でしょうね。

個人的にはO2O(といっても僕が言っているのはOffline to Onlineの世界)にとても熱い状態なので、韓国観光公社の方にアドバイスさせて頂ける機会があるなら喜んで致します。今回の記事を読んでいただければおわかりの通り、ユーザーの目線で本来の目的であるアプリを使って観光を楽しむ目的を達成すると言う観点で言うならちっとも快適じゃないですし、本気で観光促進をさせるつもりならWiFiルーターを貸してあげるプランがあった方がお手軽と思ってます(目新しくないけど)。


日本じゃSIMフリーなんて一般的じゃないよねーと言う前提のズレは置いとくとして(ホントは大事なんだけど)、施策自体は旅行者がスマホを使っていると言う時代には良いアプローチと思ってますし、僕自身、この数年はどこの国に行く時でも観光ガイドは持ち歩いてませんので、もう少し訪問先の国で快適に過ごせるようになると良いと思っています。

<2013/5/2 updated>
本エントリー、非常に要望が高いようですので、他の国のSIMフリー利用方法についてもまとめておければと思って、Wikiとまとめを作ってます。宜しければ情報のご提供をよろしくお願いいたします。

NAVERまとめ
SIM フリー iPhone&スマホの設定【国別】

Wiki @ NOZAKI.COM

<2013/08/26 updated>
おかげさまでこの記事は多くの方に読んで頂けているようです。ありがとうございます。
もし実際に韓国でこのSIMをお使いになり、情報が違っているなどの情報がありましたらFacebookやTwitterもやっていますので、ご一報ください。こちらの記事も更新させていただきます。

<2014/03/01 updated>
ITメディアさんのサイトで山根さん後陣の体験談もあがっているようです。Android系の方はご参考になさるとよろしいかと。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
要事前予約で3G接続のみという縛りはあるが、SIMロックフリー端末を用意しておけばプリペイドでデータ通信が利用できる。だが……。1Gバイト/約1600円の韓国プリペイドSIMサービスを今回は紹介しよう。

「貴重体験ができる」海外定額データ通信:海外プリペイドSIM導入マニュアル──「韓国・ソウル 2013年」編 (1/3) – ITmedia PC USER

<2015/07/20 updated>
夏休みになったからかこちらの記事のアクセスが増えていたのでちょっと調べてみたら「コリアトラベル1330」と言うサービスが始まっていました。詳細は下記のリンク先になりますが、現地で「1330」番に電話するだけで観光案内をしてもらえるようです。

また通信関係の情報の中にSIM販売の話が載っていましたが、2015年の現時点で本記事にあるような無料のサービスが継続されているかは不明です。実際にご検討なさっている方は観光局へのお問い合わせなどして頂く方が良いと思います。

<追記 2016/02/18>
最近は4GLTEのプリペイドSIMも入手が楽になっているのですね。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
韓国 4G LTE パケ放題 プリペイド SIMカード | Koreainfo