未来型レーベル講義(実践編)第5回

牧村さん、津田さんが講師を勤める未来型レーベル講義(実践編)もあっと言う間に今回が千秋楽。会場を提供頂いたヤマハさんのプレゼンを中心に話が進みました。

20世紀に前衛的な楽器として開発されたダンスを音にするMiburiと言うマシーンをプロダンサーのJOUさんのパフォーマンスで見る事が出来たり、TENORI-ONを好きなだけ触れたりと、興味がある人には溜まらない環境でした。

前日までUstreamする人がいなかったらしいので、穴埋め的に応募し、ほぼ全体を記録出来ているはずなので、宜しければご覧ください。

私のサブカメラ分はこちら。

講座のメインのアカウントのアカウントはこちら。
Webcam chat at Ustream

講義後の懇親会でも様々なバックグランドを持つ受講生の方々の熱さと迷いの交差した話を聞きながら、やはり少しでも前に進む気持ちが原動力と再認識しました。

ぜひ、良い形で続いていけたらと思いました。
すごく未来にこうしたスタイルで自分たちが好きだと思う楽曲作品で生業を立てる人達が増えて”未来型レーベル協会”と言う業界団体が出来たとしたら、今回集まった人の何割かが集まるのかもな、って気がしてきました。

次回は夏頃開校との事です。時間作って何とか参加したいな。

from iPhone.