スペシャルライブ

スペシャルライブ

矢野顕子さんの特別ライブに行ってきました。
ホントは先週のライブに行く予定だったのですが、仕事でごたごたがあって行けなくなってしまった事を不憫に思っていたすずぽん氏が、CD購入者枠でライブに当たっていたので誘ってもらったと言う経緯。ありがたや。

矢野顕子のスペシャル・ライヴにご招待&UST生中継! – MySpaceニュース:ミュージック

場所は都内某所って事でしたが、配信でも言っていたとおりヤマハ銀座スタジオです。地下2階までらせん階段をぐるぐる降りました。途中で地下鉄の音とかが聞こえたようですが、何線でしょう?

イベントの最初に流れた製作過程をまとめたトレーラーがとても良い出来栄えだったこともありますが、ライブも非常に良い雰囲気でした。しかもブルーノートよりも間近に、モニター音だけではなく、矢野さんがかかとでリズムを取る音も含めて聞こえていた事がとても印象に残りました。

ライブ配信が終わってからおまけとして「スペシャルゲスト」を交えての1曲があったのですが、始まるまでが長かったけど、とても良い演奏でした。後で聞いたら前の席の人は号泣していたそうです。感動レベルは人それぞれですから。

そんなこんなであっという間の時間でした。

帰りがけにヤマハのお店で楽器等を見て思いましたが、シンセや電子ピアノってホントに安くなってるんですね。裾野を広げる意味では非常に良い事ですが、企業としては早くエントリーマシンからステップアップしてもらいたいのが本音なのかな。

前回の未来型レーベルの内容も被りますが、遅ればせながら佐々木俊尚氏の「電子出版の衝撃」のアプリ版を読み終わったところだった事もあり、360度契約の事が頭を過ぎりました。

電子書籍の衝撃 本はいかに崩壊し、いかに復活するか?