今週の気になるレコード(不定期更新)

最近はMTVで観てから買った”HOPE FOR HAITI NOW”をがんがんに聴いてます。

HOPE FOR HAITI NOW
Alicia Keys - Hope for Haiti Now

この豪華アーティストのチャリティー番組はとても素晴らしかったです。
特筆すべきはこのマドンナの”Like a Prayer”でコーラス隊を指揮してる指揮者のテンションの高さですねww。特に後半に行くにつれテンションがどんどんあがり、ある時点では思わずマドンナと並ぶ存在感になっております。

まぁハイチ地震関連の音楽の動きとしてはこちらの活動も気になっています。
「We Are the World」 ハイチ救援のためにリメイク

そういう音とはだいぶ違うわけですが、2/10に発売になった80kidzの新しいEPもかなり良い感じです。

80KIDZ _VOICE EP

80Kidz - VOICE - EP?

前作の”This is My S**t”がホント良かったのですが、ボーカルなしのインストで分厚い音を聴かせてくれています。Apple Storeのライブ、行きたかったんだけどなぁ。

80kidzの全作品 on iTunesはこちら。
80Kidz

80kidz on Myspace

続いて、ひょんな事から1/28のWOMBのライブに行ったfadeです。
公式サイトはこちら

見た目ごっつい感じもするのですが、前知識なしにライブで音を聴いた感想としては、割とポップな面と音のハードさのバランスが面白いバンドサウンドと言う印象。歌詞も割とわかりやすいですし。
メンバー5人での音はまとまり感があるので、それこそ打ち込みやリミックスとか新しい音で曲の世界を広げたらもっとファン層が広がるかも、と勝手に思いました。今度はUSに進出(ってか帰る?)みたいなのでそちらでの反応も興味あります。
ABCマートのCMで使われている”Five”と言う曲、すごく良いんだけど着うたがダウンロードできない人は聴けないのが残念。

fade

で、そのfadeのライブの前日に、こちらもなぜだか行くことになった”DS meets the future”と言う渋谷duo MUSIC EXCHANGEのイベントで知ったAddyと言うバンド。

Addy公式サイト

ボーカル、ギター、ベース、ドラム、DJ(兼VJ?)と言う5人組。
その他素性が明らかになってないのですが、ボーカルのNAO☆さんは當山奈央と言う名前で以前活動していた方だそうです。
音は打ち込みありのバンドサウンドですが、クリエイティブのチームが後ろについてるようで、音以外の部分にもこだわりをもっているステージでした。今回がバンドとしての初ライブらしく、練習漬けからようやく開放された初々しさが見渡す限り音楽業界の関係者(風な方)ばかりの客席にも届き、かなり盛り上がったステージでした。

あと、Addyの前の時間のステージだったHITOMI AZUMA (吾妻仁美)さんも完全打込み系に生歌を乗せ、しかもMCが不思議ちゃん系と言うハズシ方が個人的には印象に残った方です。
この日の驚嘆の事実は、サポートドラマーが中2だったと言う事ですが。

どんなテンションのアーティストかは私の拙い説明ではお伝えしにくいです。
たまたまブログを見つけましたのでそちらでご確認いただければと。
ビデオもアップされていますので音もご確認いただけます。

きょうは、いくらをたべました。おいしかったです。
http://blog.livedoor.jp/azmam/

この”DS meets the future”はおそらく事務所所属の新人を披露する目的でやっているんだろうと思いますが、行ってみてO-eastクラスの箱でもっと頻繁にこういうイベントがあればファン層が広がるような気がしました。実際この位のキャパを持て余してしまうケースもあるのでしょうが、小箱では収まりがつかないアーティストやバンドにとっては良いチャンスだと思います。
※この後、先日のiPad発表を楽しむイベントに参加し、久々オールナイトしたわけです、、、。

Appleタブレット朝まで討論会!から帰宅中

まつきあゆむさんの様に新しい形で音を届けるアーティストの活動が活発になったりと、停滞していると言われる音楽シーンでも着実に新しい動きが始まっていると感じるここ最近です。

個人的にはそういううねりの中で少しでもやれる事を増やしたいと思って参加しているのが”未来型音楽レーベル”です。あいにく2/15のイベントは参加者多数で締め切ったそうですが(牧村さん&津田さんのラジオ出演効果ですね)、4月から講座も始まるのでご興味ある方はぜひ。

平日夕方の比較的早い時間からの講座と言うのが、一般企業にお勤めしてる普通のサラリーマンには敷居が高いのですが、なんとかならないかなぁ。

そんなわけで。