乾あわびストラップ(本物の三陸産あわび使用!)

かなりアグレッシブな商品に出会いました。

本物のあわびを使ったケータイストラップ。
その名も

”乾あわびストラップ”

乾あわびストラップ
乾あわびストラップ

販売は”岩手とあなたを結ぶ いわて食材お届けサイト の サンビッケ”

本当に三陸産の養殖あわびを使用しているとのこと。
値段は1つ1000円ですが、それもそのはずですべて手作り!。
そして数量限定だそうです。

awabi

写真を見る限り、個体差もすごくありそうですね。

そもそもこの乾鮑ストラップは「乾鮑」のPR目的で制作されたそうで、その熱い思いが販売サイトに書かれております。

中華の高級料理として使われる「ふかひれ」や「乾鮑」。「ふかひれ」は、お隣の県宮城県気仙沼市が超有名ですが、ここ岩手県三陸沿岸の乾鮑は、古くから生産地として有名。特に、大船渡市三陸町吉浜産の乾鮑は、香港などでは一番の高値で取引されているとの事ですが、全国ではあまり知られていないのも現実です。岩手県三陸沿岸の地元でも 乾鮑を見る機会がございません。また、ここ三陸に来ても乾鮑を調理して出してくれる料理店もない。
 そこで 岩手三陸の鮑をPRしたいとの思いがきっかけで、構想5年 思考錯誤で2年かけて乾鮑の製造を開拓し、ようやく完成!

と、思いつきで作ったわけでもなさそうです。

商材としての面白さはあっても、通常パッケージングでイマイチなものも少なくないのですが、このストラップはちゃんと考えたようです。

同じあわびストラップでも3種類あります。

まず”商売繁盛”と言うもの。
商売繁盛

これでもか、と言う程に招き猫が登場!
相当いろんなものが招かれるのではないかと。

そして次が”恋忘れ”と言う商品。
恋忘れ

なぜに萌えキャラ?www

そして最後は”恋思い”
恋想い

いちおう商品ページの説明によると、万葉集の”「伊勢の海人(あま)の 朝な夕なに 潜(かづ)くといふ 鮑(あはび)の貝の 片思(かたもひ)にして」”と言う唄から恋愛、受験、昇進試験などの何かを成就する縁起物として使ってもらいたいようですので、これからの受験シーズンにはこの”恋想い”がおすすめかと想います。まぁ、納品までに2週間くらいかかるそうですので、お願いごとがある方はお早めに!

ちなみにページのどこを見ても萌えキャラを採用した理由は記載がないw。
ネタとして釣られて欲しい思いの他があるとすれば、間違いなく担当者の趣味でしょう。

と、なんの脈略もなくご紹介しましたが、どうせその路線で売るならコミケで売ってみれば良かったのに、と思いました(とか言っても僕は1度しか行った事が無いど素人です、、、)。

例えばこんな感じ。
コミケ 76 西ホール編

おそらく”萌え”もある種のデザインテイストとして定着してるわけですから、企業側もプロモーション戦略をたてて露出させる場所を選定しないと、以前ほどには想定したアテンションは得られないだろうな、と思いました。

昨年ピークを迎えたゆるキャラ同様、ネットを活用した地域ブランドの確立、物販、現地への集客アップの構造も今年は更に複雑化しているのでしょうね。

兎にも角にも、乾あわびストラップは絶賛予約受付中との事なので、ご興味をお持ちの方はぜひ!

[参考記事]
本物あわび携帯ストラップで商売繁盛、恋忘れ、恋思い/見る – エンジョイ・ニッカン トピックス : nikkanspots.com