[映画]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

観たのは1日の映画の日だったので、だいぶ記憶が薄れてますがとりあえず観たって事のメモを書いておきます。


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

観たのが映画の日だったからと言う事もあり、渋谷の映画館では立ち見でした。
前作の「序」もちゃっかり観たとはいえそれほどまでにエヴァのファンじゃないので、まぁ何となくと言う感じでしたが、確かにTV版でもなければ昔の映画でもなく、なんか「はぁ?????」って位の展開でした。

完全にネタバレですが、どうしてもシナリオにご興味がおありならWikiをお読みになると良いと思います。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 – Wikipedia

見終わった後に残していた自分のメモでは、「序」から続いているシンジとレイの成長ぶりをとても丁寧に描いている点、環境や自然への興味など現代社会においてもっと協調しなければいけない事象の描写などが印象に残ったようです。

映画の舞台が今から何年後の世界の話なのか?とかイメージがわかないわけですが、月までちょいと行けてしまったり、宇宙空間にマスク無しで人のような形をしたやつがいてもちっとも驚かない世界なわけですから、まぁ何が起きてもびっくりしないと言う感じ。

映画の感想など書いてる方のブログやTwitter等を読んでいると何度も映画館に足を運んで理解を深めているようです。正直そこまでのモチベーションは今のところわかないのですが、もうこの作品をヲタクが観るアニメ映画とは誰も呼ばないクオリティになっている事だけは本当だと思います。

インディーズ単館系の映画だからこそのクオリティの高い作品だと思うし、資金面でも多くの企業が関わっており、ネット上のPRから関連グッズの展開まで含めても、最新の取り組み事例になるのではないか?と思ってます。
あと、この作品は当然海外展開も視野に入っているはずですので、海外の映画関係者や映画ファンの評価が気になるところです。これが世界でも通じるのであれば、世にいる本当に映画が好きな監督達に明るい話題になるのではないか?と思いました。

ファンの方なら当然知ってる話なのでしょうけど、僕が観ていて一番理解に苦しんだ点は、どうしてアスカの扱いがこうなったのかな?って事ですかねw。まぁ次の「Q」が解明してくれるのだと思うので、それまでは謎のままです。

そんな感じ。