2008年 私的に気になったニュース

いよいよ年末と言う31日です。

僕は一昨日から休みなのですが、9連休を謳歌しようと部屋の掃除の後、買い出しのためにガソリン価格暴落のおかげで車に乗っていた時、J-WAVEの”JAM The World”というラジオ(の月曜)に社会学者の宮台真司さんが出演しており2008年の興味深いニュースと言うのをあげていました。秋葉原の殺人事件や毎日新聞の事件、メディアや広告主と電凸の関係などを取り上げていました。確かに今年を語る上で外せない事件だとは思いカーステのボリュームを大きくして聞いてしまいました。

そんな2008年があと1日足らずで終わってしまうこの時期なので、とりあえず自分的に記憶に残っているニュースをメモっておくことにしようと思います。ただ、私的なメモなので社会的意義が高いニュースは省きます。

1.好きな外タレバンドが来日w

2月にポリスのライブ、ヒューイルイス&ザ ニュースのライブがありました。

ポリス live in Tokyo | [NOZAKI.COM] – edge of the future –

ヒューイ ルイスとシカゴのライブ | [NOZAKI.COM] – edge of the future –

ポリス (バンド) – Wikipedia

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース – Wikipedia

[所感]

今年だけではなく外タレバンドの復活、来日が相次ぎました。年齢的に最後の荒稼ぎのような形相で、かつての大物も今や枯れた魅力が売りと言える人たちになってしまった。彼らがイケイケの時代の音源は残ってるけど彼らの身体を通じて生で演奏される音はなかなか聞くことが出来ないし、ライブの感覚を一緒に共有できる技術も今のところない。なのでライブに行けて本当に良かった、pricelessな時間だったなぁってとしみじみ思いました。

2.吉幾三 氏に再ブーム到来。世界でいちばんダサイPVシリーズ。

現物が見られますのでリンクを貼っておきます。

【ニコニコ動画】 ポリ幾三

【ニコニコ動画】吉幾三×Capsule×DaftPunk×BeastieBoys StarrySky – IKZOLOGIC Remix –

で、ムネオハウスの時と同じくCDが出来ました。

IKZO CHANNEL 441.93

[所感]

ニコ動の作品で、思わず会社の行き帰りに携帯でも見たくなってしまったのがこれ。世界でいちばんダサイPVシリーズも同ランク。

【ニコニコ動画】【Perfume】世界でいちばんダサいポリリズム 完全版

説明はいらないのですが、もっともらしい能書きを書くとすれば。

「ネットが」と言うのも今更感があり古くさい気もするのですが、これは流行した当時を遠目に見る人たちの新しい感性、感覚で時代的に過去になった人たちが急に表舞台に引きづり出され、結果として(プチ)バブルが起きたのだと思ってます。セールス面ではたいした金額にはならなくてもネット内でのプレゼンスは確実にあがったと思いますし、今後も活動を続ける際のアドバンテージを得たと思います。課題はこれらブームで評価されたのはリメイクやリミックス作品を作った人たちの「センス」なので次も素材提供者としての役割を全うする必要がある点ではないでしょうか。最初から彼らのリミックスを収録しちゃうとかで解決すると思いますが。

このブームの立役者をあげるなら、今やPerfumeのプロデューサーではなく本業のCapsuleを一生懸命売り込む必要が出てきた中田ヤスタカ氏の音源だろうと思います。ニコ動でムーブメントがおきやすい素材を提供する立役者をもう一人(グループ)あげても良ければDaftpunkをあげますね。テクノは何でも載せやすい。

ちなみにこのパフュームは本当に今年、うまいポジションを維持したグループだと思いました。よく飲みの席でしゃべったので、聞いたことがある人は多い気もしますが、近いタイミングで電気グルーブもアルバムを出していました。今までならテクノやエレクトロのジャンルがメジャーなチャートに入るだけで、ファンは大喜びする状況だったと思います。サブカル万歳!と言った感じ。

ところがPerfumeの大ヒットアルバム”GAME“が発売された4月第4週のチャートではおもろい状況になっておりました。

検索結果-ORICON STYLE アーティスト/CD検索

Perfumeが堂々の1位にランクイン。電気グルーブはかろうじて30位です。推定の売り上げ枚数では30倍の開きがあります。ライブでも(推定)口パクなのに。

僕は世間が”サブカル”に向かいすぎた結果、”王道”的なアイドルのポジションにPerfumeがハマったのではないかと解釈してます。じゃあなぜアイドルを大量製造するはずのAKB48はおニャン子クラブとは違って、このポジションに来れなかったのか?と言う点については全く持ってわかりませんw。無理矢理考えるなら既存のサブカルとしてアキバに特化したPR方法を選択してしまったため、幅広い層にリーチするチャンスがそもそもなかった事や、そもそも歌も踊りも素人と言う点で、じっくり見ても軽く眺めても大半のリスナーの評価があがりにくい点じゃないかと思いました。

まぁ実際のところ、どうしてなのか知りません。教えて詳しい人!

3.TKタイーホ→保釈。保釈金3000万円はエイベックス

[所感]
2ヶ月前に生で見た人が逮捕されると言うびっくりな状況でした。

TK逮捕の件 | [NOZAKI.COM] – edge of the future –

小室氏とエイベックスの今の関係は知りません。少なくとも90年代に稼がせた恩義はとっくに消えていたと思いますが、この才能のあるエロおやじの新作を3000万円で買えるとしたら、エイベックスはお安い買い物だったと思いました。

その割にはGlobeとかのCDが発売禁止になっていたのですねぇ。

404 Blog Not Found:News – 小室哲哉逮捕とCD発禁

「罪を憎んで曲を憎まず」Dan氏うまいこと言ったなと思いました。

それから自分のTKのニュースのページの広告に”事業資金、投資します”って広告が出ててちょっと笑いました。

4.iPhone 3G日本上陸、スティーブジョブス氏の体調問題

iPHone 3G

[所感]
iPhoneに関してはもう耳タコ状態なのでさらっと済ませます。
一応仕事も関係してましたし、この発表があったWWDC08に参加していた事もあり、思い出深いです。
iPhoneやAppleが見せている未来が全て正解とは言い切れないけど、考え方が硬直した日本のケータイビジネスが否が応でも戦う事になるであろう次の戦場が見えた感じがしました。もう「端末の出来が良い、悪い」、「今のiPhoneは日本ではウケない云々〜」の話は聞き飽きました(特に仕事関係)。こいつが育つ前に日本がケータイビジネスで持っていたアドバンテージを活かせる場面を作れなければ、このまま市場も萎んでしまう気がします。要はknowledgeの応用力、適応能力を試されているのだと思います。

個人的にWWDCに行って本当に良かった点はいろんな開発者の方とお会いできた点と、ジョブスのkeynoteを生で聞けた事。もちろんポッドキャストで何度も聞く事は出来るのですが、本人がしゃべっている会場の空気までは伝えてくれません。AppleのMacworld2009への参加が今回で最後となった今、来年のWWDCのKeynoteはもっと貴重な時間になるような気がします。私は行けるかわかりませんが。

WWDC08 Keynoteの様子 | [NOZAKI.COM] – edge of the future –

5.WFGNと組織

WFGNって何って事ですが、WireFree Gadgets Networkの事です。
4月から半年、このプロジェクトに関わってきました。

WFGN: WireFreeGadgetsNetwork ブロガーミーティング終了

[所感]
あいにく上記ページにあるプロジェクトは終了しており、メンバーもリリースされています(有志で続けてます)。既存技術の寄せ集めだけで何とかなる話ばかりでも無かったとは思いますが、半年で成果と言う、ビジネスにおける判断のシビアさについても考えさせられた仕事でした。

このあたりからチームビルディングやプロジェクトの運営など最近の関心事につながった気がします。その辺は別のエントリーで。