REMIX07 TOKYO に行ってきました

昨日19日に東京国際フォーラムで開催されたマイクロソフト社主催のイベント「REMIX07 TOKYO」に行ってきました。

REMIX07 logo

RIA(Rich Internet Applications )の動向を追っかけていた事もあり、マイクロソフトが久しぶりにプロモーションに力を入れているSilverlightの話を中心に聞いてきました。まだSilverlight 1.0正式版が登場したばかりの時期と言う事もあって、機能や安定性と言う側面から見れば、歴史があるFlashやFlexに比べるのは厳しいなぁと言う印象を持ちました。でもMicrosoft ExpressionStudioの使いやすさは確かに1歩先を行ってると思うし、Visual Studioとの連携も考えると、開発者向けにはわかりやすい環境だと思います。Adobe(と言うか旧Macromedia)の弱い分野なので、高度なシステムとのインテグレーションを考えると、今後ひとつの流れが生まれてもおかしくない位、Silverlight、WPFの方が活きてくる使い方はあると思いました。

と言うわけで、エンタープライズ2.0(ホントにこう呼ぶのか?) と言う観点から見ても、ベースになる技術も標準的なWebのテクノロジーが楽に使えて、更にユーザーインターフェースにも本格的に取り組む環境がやってくるんだなぁとわくわくしました。

願わくば、Microsoft ExpressionStudio for Macが出るといいんだけど。

REMIX 07 Tokyo開催–SilverlightやVirtual Earthを組み込んだ次世代ウェブ環境を紹介したマイクロソフト:ニュース – CNET Japan

SliverlightやExpression Studioの実力はいかに–マイクロソフト「REMIX」でデモ披露:ニュース – CNET Japan

「これからのWebを考える」REMIX07が開催 – ITmedia エンタープライズ

展示コーナーの紹介

Silverlightを使ったプラネタリウムソフトなど、REMIX 07に登場:ニュース – CNET Japan

イベント自体は1日のものでほとんどがカンファレンスなのですが、最後の締めとして、夜に面白い企画がありました。

その名も”REMIX Night”

REMIX07

要するにカクテルパーティーなのですが、ビルゲイツのサイン入りスノボやXbox360が当たるじゃんけん大会や、DJタイムもあって、かなりテンションの高い内容でした。

もちろんお酒もワインやカクテルが出て、PC関連のイベントとしてはかなり違う雰囲気のカクテルパーティーだったと思います。ダイキリが旨かった。

DJはなんとWIRE07にも出演していた田中フミヤ氏でした。

DJ Fumiya Tanaka

選曲、前半は微妙なノリで、わけわかんなくて帰る人が多かったのですが、30分位したらかなりテンションが上がって来てMSのスタッフの皆さんもかなりノリノリで最後はステージで踊るイベント関係者一同って感じでした。あんな感じのクラブイベントを普通に楽しめる人たちがMSの次世代Webを考えてツールを提供しているのかと思うと、本当に世代が変わったのかもな、って思えました。

そんなわけでマイクロソフトに対する印象がかなり変わったイベントでした。