YouTubeの対応はもどかしいならやめればいいじゃん

元ネタ:ITmedia エンタープライズ:“YouTubeの対応はもどかしい”――JASRACらが会見

別にこれって、暗に「ネットユーザー達、ちょっとは俺たちの仕事の事も考えろよ」的な会見なんじゃないかと穿った見方をしてしまいそうになるのですが、そんなに削除要請が大変なら別の策を考えれば良いと思うわけです。

そもそも、自分たちが勝手に言い出した事で今の立場を得て、その利権を守るためにやってるような団体なんだし、流されている番組を作ってる側だってネットで番組の宣伝をしたり、感想を送らせたりしてネットユーザーを使ってるくせに、そのネットユーザーがネットで同じ動画が見たいと言い出すと違法扱いにするとは、あんまりフェアな関係じゃないと思う。

もちろん、作者への大したリスペクトも無く悪意を持ってネット上に動画をあげてしまう人がいるのは事実だけど、そいつを止められないのが今の技術の限界と言うだけであって、違法動画を発見する仕組みの評価をさせろとか投稿前の動画を管理するなんて話はYoutubeの営業妨害もいいとこだ。Youtubeから損害請求されたら払えるのだろうか?

自分たちがこれまで慣れ親しんできた動きと違う動きをするユーザーを「違法なユーザー」と断定するだけではいたちごっこで汗をかくだけなので、この新しい動きをするユーザーからお金を取るためにはどういう動きをすれば良いか?どんなエコシステムが出来るのか?そういう議論をしてくれると前向きで賛同者も増えると思う。それがコピーナインとかだったら泣ける話だが。

コメント

  1. 例えばカラオケシステムとか金を払いたくなる仕掛けつくればいいんだと、かんがえられないんですかねー?

    金がほしいなら、汗かいて努力をしてほしいもんです。

    左うちわになれすぎて、ただの圧力団体になっちゃってるんでしょうね。