ついにソニー製電池は爆弾扱い?

元ネタ:大韓航空、デルとアップルのノートPCの機内使用を制限

記事内容は搭乗時に機内で使うな、電池を取り外したら機内に持ち込んでも良い、機内の電源から起動した場合の対応は不明と言うもの。他にカンガルーマークでおなじみのオーストラリアの航空会社Qantas航空も同じ内容の対策を取ったそうです。他の航空会社の動きが気になりますね。特にユナイテッドとアメリカン。AAはこの前もテロで狙われてるから慎重な対応になるかも知れませんが、如何せんノートPCの使用を制限してしまうと国内エアバスの路線では人気が下がるでしょうね。ビジネスユーザーばっかりだろうし。

まぁもともとソニー製品にはソニータイマーと言うのが入ってると言われてましたが(根拠なし)、本当に爆発してしまうと笑うに笑えませんので、航空会社の対応は適切だったのかも知れません。だってテロリストがソニー製爆弾と称して本当に爆弾を持ち込む理由を残すよりはマシだし。こうしてみると、発火騒ぎの被害規模が着実に大きくなってますね。

気になったのですが、肝心なソニー製VAIOは対象じゃないの・・・・ですね?
この辺どーなんすか?

コメント

  1. ところで、マックブックの白いやつの、パームレストの変色の問題はおさまったのだろうか。あれもリコール対象の気がしました。