総務省の動き

元ネタ:民放の番組輸出拡大へ「指南書」・総務省が作成(NIKKEI)

元ネタ:総務省、著作権登録制を提案・TV番組の再利用促す(NIKKEI)

微妙に通信と放送の話で争点となっている”著作権”の話とその際にキーとなる番組の輸出と言う部分に手を付け出した模様。

こういうのはまず委員会が出来て検討してもらわないとなにも進まないので良い兆候なのですが、映画とアニメ以外に新規の製作に関しての動きが無い点がちょっと心配です。数年前に比べれば明らかにクリエーターの認知度もポジションもあがっているとは思いますが、”総務省~”って言う助成金がくっついた映画でもビジネス面での成功とクリエーターの自立は必ずしもイコールではないようなので(詳しくは知らない)、まだまだ関与の仕方にばらつきが多い気がします。総務省ってより、その外郭団体の動きなのかも知れませんが・・・。

コメント

  1. これ5年前だったら、僕ちょーもうかったのになー。。

    古巣が国有系のコンテンツ配信屋だったので
    何度となく歯がゆい思いをしてたのを思い出しました。