スタバにて

たまたま隣がミクロネシアン三人組の集団がいた。

うち一人がいきなり携帯で誰かに電話をかけ、畳み掛けるような白熱したトークをした後、目に涙を浮かべながら泣き出した。三人は英語で会話するが、単体では母国語らしく、ちっともわかんない。

別れ話か?
本人にはつらい時間なんだろうと共感していたら、

突然、大声で笑いだした。

わけわからん。

こういうとき隣に座る客として、表情に困る。