SONY AVナビシステム“XYZ(ジィーゼット)シリーズ 発表

ソニー(株)が新しいAVナビシステムを発表。着脱式でPCとの連携を重視したタイプ。

製品の紹介サイト

プレス資料

インプレスの記事には写真もいっぱい出ております。

とりあえずDVDナビの段階でストップしていたソニーのカーナビなので、ファンとしては待ちに待った商品なのでしょうねぇ。

完全にネットワークに振ったパイオニアの”エアナビ”よりはカーナビ寄りのポジションだと思いました。

音楽再生や動画再生等はこれらの形態の機種にとって必須となるので特筆すべき点でもないでしょう。どういうCODECに対応しているのか興味有りますが、専用の転送ソフトを使用しなくてはならないと言う点から考えるとトラブルが多くなるような気がします。

で、今回の商品に関して書くなら、個人的にはあんまり興味がない。

見てのとおり多機能、地図の綺麗さを売り文句にしている事から考えると、カーナビの性能は大した事ないのでしょう。オーディオとしてのクオリティもそれ程拘った設計ではなさそうだし。目新しさという意味では??です。

つまりは中途半端な存在に成り下がるだろうなと言う事です。PHSのカードを挿してインターネットが出来たって、運転中にするやつはいないだろうし、どうしても使って欲しければ高度な音声認識技術が必要となり、コストに跳ね返るはず。

毎日持ち歩くにはデカイからPDAとしては使えないので、週末のお出掛けのお供として平日は自宅のマシンと接続されたまま、音楽再生マシンとなるのではないか?と思いました。

ただ、もしかしたら可能性は感じるので、数世代この方向で開発を続けていけば面白い製品になるかも知れないと思いました。