『真っ白い巨塔』~知られざる犬蔵、 知られざる捏造~(芸社 IN シネマボカン Nol.6)行ってきました

ちょっと報告遅れましたが、3/13(土曜)に井の頭線 池の上駅スグにあるシネマボカン(通常Bar ガリガリ)にて行われた、 『真っ白い巨塔』~知られざる犬蔵、 知られざる捏造~と言うイベントへ行ってきました。
(σ゜▽゜)σヶ”ッツ!!

Ya氏から誘われ速攻OKしてしまったのですが、大正解なイベントで久しぶりに涙を流し、横隔膜が禿げしく活動しておりました(相方も)。

イベント全体の内容は既に出来上がっている酒徳ごうわくさん(前説 右側の方)の日記をご覧いただくと良いかと・・・。

その日記の中でも紹介されている『プロジェクトDMM』は本当にすごかった。20年以上前に流行ったであろう赤い人(TSUYOSHI)、青い人(KAZUYA)、黄色い人(KATSUMI)の3人が画面を取り合うスタイルで歌うプロモーションビデオである。サイトでもその一部を垣間見ることが出来る。例えばGallaryにある「シュワッチ ~明日への冒険~」等をご覧いただくとそのすばらしい世界はお分かりいただけるのではなかろうか?
※絶対ここ数日にアクセス数が伸びているに違いない。

別にイベント自体が彼らのファンクラブだったわけでもなく、メインの中村犬蔵さんのCG作品”デンキネコ”や思い付きで作りかけになっている作品、双子の弟”捏造”氏の著作権的に禿げしく問題あるけど、涙が出る程泣ける(笑える)作品等、所謂インディーズ系のおバカ映画と言われるジャンルの映像を堪能してきました。

今回は犬蔵氏の普段のお仕事(北海道にて活動中)の映像と共に見ることが出来たのですが、そのテクニックと正確さ、こだわりを間違って利用したからこそ、ここまでクオリティの高いおバカ映画が出来るのだと、禿げしく肯定きました。

デンキネコはDVDを買うことが出来ますが、それ以外の作品からも垣間見れる着眼点の鋭さと笑わせるまで続ける執拗さは僕の笑いとSF好きのツボに命中です。

ちなみに僕個人の印象に残っているのは「キノコのコ」と「惑の猿星」シリーズです。まぁ英語とかだとアフレコが聞こえてしまう人も多いかと思うので、ハングル、ロシア、スペイン語あたりに絞った方が良いかも知れませんね。

何はともあれ久しぶりに良い刺激を受けました。

行った人しか笑えないネタかも知れませんが、きかんしゃトーマスグッズがネットで買えます!

チェキラッオンラインショップは、ソニー・クリエイティブプロダクツが運営するキャラクターグッズ通販サイトです。
きかんしゃトーマスやピングー、ディズニー・クラシックス、水森亜土、パワーパフ ガールズなどの、楽しいグッズを販売しています。