ビギン コンサートツアー ~タケオも弾けたよ一五一会~ 関東編@草加市文化会館

10月4日(土曜日)

何か長いタイトルになってしまったのですが、標題のコンサートに行ってまいりました。草加市まで(藁。

正確には松原団地と言うところにこの”草加市文化会館”と言うのがあるのですが、名前に”団地”がついているだけあって、本当に巨大な団地が・・・・。団地と言っても本当に巨大な建物がずらーっと並んでいてびっくりしました。その割には駅前に人が少なかったのは気になりました。

でこの松原団地にて”ショーパブ”がちょっとしたブームのようでした。
中でも

”ショーパブ・モンゴル”

って処はなかなか興味が惹かれました。文字通りモンゴルの方々のショーが楽しめるようなのですが、表にある写真が皆さんモンゴルファッション!一体全体どんなショーが繰り広げられるのか?かつて旅行に行った経験もあったので覗いてみたい気になりました。

・・・・ちっともコンサートの感想になってません。

ビギンのボーカルは比嘉 栄昇さんと言うらしいのですが、彼はいか天からプロデビューした後から

”おまえ似てるよな”

といわれ続けた所謂”宿敵”だったわけです。しまいには両親にまで、何となく傾向は同じ顔だねぇ・・とまで言われる始末。
こりゃライバルと直接対決をする前に、まずは調査を行い、万全の体制で試合に臨もうと思ったわけです。

でまぁ、ナマ比嘉栄昇を見た感想としては

”いい奴じゃん”

で、結果として

”ビギンっていいバンドじゃん”

・・・・となりました。
※個人的にはバラード、ブルースの曲の方が好きです。

アンコールまで含めると3時間近くステージをやってたし、その密度も濃かった。

ライブならその位やって当たり前だろ?と言えば当たり前なんだけど、ちょうどその前前日にJBのライブに行っていたわけです。
アンコールも無く、1時間30分位で70歳のおっさんはステージを降りたのね。別に時間給でアーティストが演奏しているわけじゃないんだろうけど、僕にとってはビギンのライブの方が密度か濃かったし、JBのライブ代をビギンに払ってあげても良い程満足できたわけです。

この付近がアーティストとして築き上げてきたブランドとも関係あるのでしょうし、海外から来る分のコストでもあるのでしょうか。

っつーかライブ代、ますます高騰してるような気がした。ストーンズのライブの値段もびっくらしたけど、こういうデフレの時代だったはずなのに、アーティストのライブ料金の値崩れは無いのだろうか?

ヒューイルイス、ブライアンアダムスとカイリーミニーグ、3人合わせて80’sパックで2万円ぽっきりとか。
※微妙に大御所具合が違う・・・

まぁたまには生で音楽を聴くのは楽しいです。

この”ショーパブ・モンゴル”についてはあちこちで気になる人がいるようですね。

例えば
超個人的“気になる物件”

など。